VTuberの仕組みはどうなっている?メリットや3つの配信方法も解説

ここ最近増え始めたVTuberですが、そもそもVTuberについてあまり知らない方は多いのではないでしょうか。

今回は、「そもそもVTuberって何なのか?」「どのようなメリットがあるのか?」「VTuberの仕組みはどうなっているのか?」について解説します。

VTuberとは?

「VTuber」とは、「バーチャルYouTuber」の略語で、2D・3Dのアバターを使ってYouTubeの配信を行っている方のことです。

YouTuberから派生した言葉ですが、YouTube以外の動画配信サイトで活躍している方もいます。

元祖はキズナアイ

VTuberブームの火付け役は、2016年12月に活動を開始した「キズナアイ」です。

実は、「キズナアイ」が「バーチャルYouTuber」という単語を初めて使いました。

2017年12月には、キズナアイのチャンネル登録者数が100万人を突破しました。

これがきっかけで、VTuberがネット上で流行しました。

2018年12月に開催された「ネット流行語100」のトップ20に「バーチャルYouTuber」が選ばれました。

YouTuberとは何が違う?

生身の人間が配信を行うYouTuberとの最大の違いは、アバターを使っていることです。

しかし、配信者がアバターを使って配信することには、さまざまな意味合いがあります。

マーケティング的な意味合い

VTuberは、企業や自治体から注目を集めています。

実際に、一部の大手企業や自治体では、VTuberを公式VTuberやPR担当として起用しています。

VTuberに企業や自治体が注目するのは、いくつかのメリットがあります。

まず一つ目は、タレントを起用するよりもスキャンダルリスクが少なく、企業にとって安心感があるからです。

生身の人間を使ったプロモーションにはスキャンダルリスクが付きまといますが。

しかし、VTuberの場合は、基本的に中の人は非公開になっているので、中の人にスキャンダルがあったとしても、キャラクターのイメージに影響することはありません。

二つ目は、企画に合わせて柔軟に動くことができることです。

アニメのキャラクターには作品のイメージが既に付いているので、イメージから大きく外れた企画などには参加しにくい特性があります。

一方、VTuberにはアニメキャラクターにはない柔軟性があり、仮想世界を飛び出したロケ企画などにも挑戦できます。

配信者や視聴者にとっての意味合い

配信者や視聴者にとって、アバターを使用して配信することには、次のようなメリットがあります。

一つ目は、バーチャルならではの表現ができることです。

現実的に不可能なことや、実現にコストがかかる撮影を、低コストで行うことができます。

二つ目は、ファン活動が多様で双方向性があることです。

VTuberのファンは、動画を見るだけではなく、ファンアートを描いたり、バーチャルの世界で交流、グッズの購入、イベントへの参加など様々な活動をしています。

こういったファン活動には双方向性があって、ライブ配信ではコメントによるコミニュケーションが盛んに行われていたり、ファンアートを投稿すると、コメントが返ってくることがあります。

三つ目は、バーチャルの世界で、なりたい自分になれることです。

これまで、アバターを使用して動画配信をするには、コストがかかるため高いハードルになっていました。

しかし、最近のVTuberブームで、個人でも活動しやすいサービスが多く誕生し、今ではスマホ一台で本格的に活動できるようになりました。

仕組みはどうなっているの?

VTuberは基本的に、リアルな人間の動きや表情を2D・3Dのアバターに反映させることによって配信しています。

配信方法は?

VTuberで動画を配信する方法は、様々な種類があります。

スマホ

スマホで撮影を行うと、低コストでVTuberになることができます。

アバターメイクから配信を行うことができるアプリがたくさんあり、かなり本格的に活動を行うことができます。

また、声に合わせてキャラクターの口が動くリップシンク機能などにより、生き生きとしたキャラクターの表現が可能です。

しかし、ボイスチェンジャーが使えないので地声になってしまうのが欠点です。

WEBカメラ

パソコンにカメラ機能が付いている場合は、表情をトラッキングするソフトを入れるだけで簡単にVtuberになることができます。

一般的なノートパソコンでも簡単に配信ができるので、低コストで導入できます。

ただ、オリジナルアバターを使用する場合は、キャラクターの絵を用意して、トラッキングするソフトに対応させる作業が必要になるので、若干のスキルや知識が必要になります。

VR機器

個人でVTuber活動を行う方には、おすすめの配信方法です。

VR機器を使用すれば、かなり本格的なVTuber活動ができます。

2つの手持ちコントローラーとヘッドセットのみで、全身の3Dモデルを動かすことができ、別売りのトラッカーを付けると、より詳細な足腰の動きを反映できます。

参考サイト「たいぶろ | ハイスぺ高1男子のオタク語り」

まとめ

スキャンダルリスクが低いVTuberは、企業や自治体から注目を集めています。

また、コストが比較的低いので、誰でも簡単にVTuber活動を行うことができます。

最近のVTuberブームもあって、今後ますます注目を集めそうです。