若ハゲ対策

10代20代のつむじハゲを対策する2つの方法

投稿日:

今回は、10代や20代の若ハゲのつむじハゲを改善する方法についてまとめました。
30代や40代とは違う頭皮環境なので、10代や20代に効果が期待できる対策法を解説しています。

若ハゲのつむじハゲを対策する2つの方法

1.育毛剤を使う

育毛剤には、「脱毛の予防」「発毛促進」「薄毛」に効くことが認められた有効成分が含まれているため、10代や20代のつむじハゲ対策に効果的です。

つむじはげを進行させてしまう脱毛酵素をブロックする成分が含まれている育毛剤を選ぶことで、抜け毛を抑え、髪の毛の成長を促進してくれます。
その結果、つむじの薄さを気にしないでも良いようになります。

ただし、育毛剤なら何を選んでも良いわけではありません。当然、商品によって良し悪しや向き不向きがあるので、10代や20代の若ハゲ対策に効果的なものを選ぶ必要があります。

具体的な育毛剤については、「若ハゲに効く育毛剤3選」で詳しく書いているので参考にしてみてください。

若ハゲ対策におすすめの育毛剤3選

ハゲが気になる10代20代が初めに使っておきたいのが育毛剤です。今回は若ハゲにおすすめの育毛剤、効果的な育毛剤の使い方についてまとめました。 年代に応じて頭皮環境は変化するので、10代20代の若い世代 ...

病院で治療を受ける

病院で診断をしてもらえば、つむじハゲに効果的な薬を処方してもらうことができます。

薬には発毛効果があるので、育毛剤のように髪の毛を太くしてつむじを目立たせなくするのではなく、髪の毛の量を増やして根本的につむじハゲを治すことができます。
薄毛の症状がひどく進行していたとしても、大きな効果を期待することができます。

しかし、薬を飲んで薄毛を改善するには副作用のリスクや金銭面的なリスクがあります。

具体的な副作用は、「かゆみ」や「かぶれ」などの軽い症状のものから、「内臓機能に影響を及ぼすほどの重い症状のもの」「精力減退」「勃起不全」など幅広い症例が挙げられています。
金額も保険がきかないので全て自分で負担しなくてはいけません。

若ハゲを治す病院の選び方!AGAクリニックについて

何をしても薄毛を改善することができず、病院で治療を受けることを検討している方も少なくありません。 そこで今回は、若ハゲにおすすめの病院をご紹介します。失敗しない病院の選び方や、どのような治療法があるか ...

10代20代の若ハゲでつむじが薄くなる理由

10代や20代でつむじハゲが進行してしまう原因は、脱毛ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響です。

体の中でDHTが作られてしまうと、髪の毛の生え代わりの周期(ヘアサイクル)を狂わせてしまうため、まだまだ成長途中の毛がどんどん抜け落ちるようになります。

特につむじ周りには、DHTの影響を受けやすい組織(アンドロゲンレセプター)がたくさん存在するため、抜け毛が増えたり、細くて短い毛が増えるようになって薄くなるのです。

また、つむじ部分は紫外線を浴びやすいところにあり、刺激やダメージを受けやすいのです。ダメージが蓄積された髪の毛は栄養不足になってしまい、これもまた抜け毛の原因となってしまいます。

さらに、日常生活の乱れも髪の毛の栄養不足につながるので注意しなければいけません。

生活習慣を整えて、つむじ部分の紫外線対策をするだけでも薄毛の進行を遅らせることができるので、一度自分が生活習慣を見直してみてください。

10代20代の若ハゲのつむじハゲの見分け方

つむじハゲはハゲているのか、正常なつむじなのか見分けることが難しいです。
見分ける方法をいくつかご紹介しますので、これを参考に自分のつむじはハゲなのか正常なのか確認してみましょう。

1つ目は、つむじ付近の髪質を確認する方法です。
つむじ付近の髪の毛を触ってみて細く感じるようであれば、つむじハゲになっている危険性があります。

他の部位と比べてみて明らかに髪の毛が細いように感じたり、抜け毛の量が多かったりしたらつむじハゲである可能性が高いので、すぐにケアを始めなければなりません。

また、つむじ部分を写真で撮ってみるのも良いです。1ヵ月ごとに自分のつむじ付近を写真におさめておきましょう。

もし、見比べてみて地肌がどんどん目立ってきたように感じたら、つむじハゲになっている危険性が高いです。

2つ目は専門医に診断してもらう方法です。自分の目で見ても分からなかった場合は直接専門医に聞くようにしましょう。

診断してもらったらそのまま治療に移ることもできますし、つむじハゲを改善するアドバイスももらうことができるのでおすすめです。

まとめ

つむじハゲは勝手に良くなる事はなく、放置しておけばおくほどどんどん症状が悪化してきます。

最終的にはつるつるはげになってしまう危険性もあるので、そうならないためにもつむじ部分が気になり始めてきたらすぐにケアを始めるようにしましょう。

症状がまだ軽い場合は育毛剤でも十分に効果を実感することができますし、本格的につむじハゲを改善したいのであれば病院での治療をおすすめします。

自分の症状に合ったつむじハゲ対策をして髪の毛の悩みから解き放たれましょう。

若ハゲ対策におすすめの育毛剤3選

ハゲが気になる10代20代が初めに使っておきたいのが育毛剤です。今回は若ハゲにおすすめの育毛剤、効果的な育毛剤の使い方についてまとめました。 年代に応じて頭皮環境は変化するので、10代20代の若い世代 ...

-若ハゲ対策

Copyright© 超スカルプケア術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.