VTuberのお金事情 どうやって収益を出している?動画で収益を出すメリット3つ

今芸能人も続々YouTuberとしてオリジナルの動画を配信しており、広告と再生回数により収益が発生します。

ではVTuberはどうやった収益を得ているのかきになります。

VTuberの動画を見たことがある方なら分かりますが通常の動画配信とは違います。

なので今回はVTuberのお金事情とそのメリットを解説していきます。

そもそもVTuberってなに?

VTuberについて軽く触れておきます。

VTuberはバーチャルユーチューバーの略で、YouTubeは動画配信しているユーザーが実人物ですが、仮想のキャラクターを使って動画を配信しているのがVTuberです。

3DCGという3次元空間内に立体的な2次元のキャラクターのアバターを作って、実際の配信者が人や物の動きを真似するモーションチャプターを使い捨て動きを出したり声を当てて配信している手法です。

4年前に今爆発的人気のキズナアイが初めてVTuberと名乗り、日本よりも海外での人気が強く、海外メディアにも紹介された事で認知度が高くなりチャンネル登録数も100万人突破という素晴らしいVTuberです。

どうやって収益を得ている?

VTuberを始める時にほとんどの人がYouTubeで収益化を図るためなに動画配信をされています。

そんなYouTubeで収益化を生み出している一般的な手法は広告を付けて再生回数に応じて報酬を受け取る形になります。

ですが高校を付けるためには収益化を有効にするためのパートナープログラムに合格しなくてはいけないようになっています。

こなプログラムの審査は誰でも受けりるものではなく、チャンネル登録者数が1000人以上と今まで出した動画のそう再生回数が4000時間という2つの要件を満たす他ら公序良俗を乱すような動画では無い事、コンテンツが重複していない事など、色んな条件を全て満たす必要があります。

この審査に通れば動画の一覧にドルマークが表示されるようになり、動画を再生するとその途中に広告が流れ見られた回数により収益を受け取る事ができるという流れになります。

今はネット社会なので、YouTubeだけで生計を立てる人もいるので収益化は大きいですし、これからも可能性がある職種の1つと言えます。

VTuberでお金を稼ぐメリット

YouTubeの場合配信している多くの方が実際に人が出演している形の動画を配信しています。

録音機材や編集機材などがあれば、動画を作ることができますし、それほど難しくないです。

その一方VTuberは仮想キャラクターを作るためある程度の知識がある方がいいかもしれないですが、それでもVTuberで収益化するにはどんなメリットがあるのか気になります。

ブランドに合わせたカスタマイズができる

VTuberで使うキャラクターはフリーで提供されている既存のアバターを使うこともできますし、0からオリジナルのアバターを作ることができます。

衣装や容姿だけでなく、アバターの人種など自由に設定できるだけでなく、人ではない動物のキャラクターを動かす事もできるため、オリジナルキャラクターを起用するなど、自由度が高い動画を作り出す事ができます。

自社のイメージに会った人材を起用するにはコストや時間など総合的に考えた難しい時もありますが、VTuberならイメージにピッタリのキャラクターで配信をスタートできます。

トラブルやスキャンダルが少ない

VTuberは仮想キャラクターを全面に押し出し配信をするため、実在している人物を起用した時に起こる異性関係のトラブルが発生しにくいのもひとつのメリットです。

起用した人物がSNSでトラブルに巻き込まれた、異性関係のスキャダル告発をされたというトラブルがあれば、企業きよればブランドイメージが下がり損する恐れがあります。

ですがVTuberだとそう言った炎上に繋がるようなリスクを抑える事ができるのでおすすめです。

ただし1つ注意して欲しいのがVTuberを動かしている配信者で「中の人」と呼ばれる人はコンプライアンス研修をしてトラブルに巻き込まれないように指導だけしておく事をおすすめします。

企画の幅が広い

VTuberは実在している人に比べると比較的出来ることの幅が広いです。

スケジュールの調整をする必要もなく、実現が難しいコンテンツや予定の調整が必要なコンテンツでも配信しやすいメリットがあります。

VTuberの配信だはキャラクターだけでやく背景やシチュエーションも2Dや3Dで生み出すことができるので、世界観を統一した独特の配信を提供することもできます。

VTuberになる心構え

現実空間でのコンテンツが作れない

VTuberのは映像の中でしか活動できないというデメリットがありますが、チャンネルの規模が拡大してイベント開催などで更に収益化を目指すのであれば、VTuber自体がイベント参加できない、実況中継が出来ないなどのリスクもあります。

イベント開催の計画があるのであれば、こういったリスクを減らすためにモニターを使う対策を練りながらVTuberとしてイベントにも参加できる仕組みを作ることをおすすめします。

コストのバランスが難しい

2Dや3Dで作る動画はクオリティとコストが直結しがちです。

コストをかければクオリティが高く高品質な物が出来上がりますが、見られている数が見合ってなければ収益化どころか赤字になります。

しかしクオリティが低い動画を配信して登録者数や再生数が増えずにいれば収益化すらできないということになりかねません。

VTuberの動画を作る時は動画にかけるコストや組み立ての無理のない範囲でクオリティとバランスを摂る必要があります。

まとめ

VTuberを見たことがあるのであれば、どうやって収益化しているのか気になる方もいたと思いますが、収益化するのも中々簡単にできない時もあります。

特に技術が求められる事もあるため、ある程度知識を持った方が良さそうです。