若ハゲ対策

若ハゲ改善に有効な2つの方法!諦める必要はありません

投稿日:

10代や20代でハゲが気になっても、あきらめる必要はありません。正しい方法で改善に取り組めば、若ハゲを改善することはできます。

実際、10代や20代でハゲが気になっていても、正しい方法で改善に取り組んだ結果、以前のように復活した人はたくさんいますよ。

今回は若ハゲを改善するのに効果的な方法をまとめました。”有効な若ハゲ改善法”に取り組まないと意味ないのでチェックしてみてください。

若ハゲを改善するのに有効な2つの方法

厚生労働省が”薄毛に効く”と効果を認めている有効成分が含まれているのは、「育毛剤」と「薬」の2種類しかありません。

つまり、若ハゲを改善するためには、有効成分が含まれた育毛剤を使う、もしくは病院で薄毛治療薬を処方してもらうしか意味がないのです。

残念ながら、テレビCMしているスカルプシャンプーやサプリメント、頭皮マッサージをどれだけ使ったところで、若ハゲは改善しないので要注意です。

シャンプーやサプリメント”だけ”では改善しない理由

シャンプーやサプリメントには薄毛に効く有効成分は配合されていないので、薄毛に効果を期待することはできません。

実際、育毛剤や薬の取扱説明書を見てみると、「効果・効能」として「薄毛・抜け毛の予防・発毛促進」と記述されています。
一方、シャンプーやサプリメントには上記のような効果・効能が記載されていないので、薄毛に効果がないことは明らか。

ただし、シャンプーにもサプリメントにもそれぞれ重要な役割があります。薄毛に直接効果がないだけであって、使わなくても良いというわけではないんです。

シャンプーは毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことで、清潔な頭皮環境を整えることができます。頭皮環境が整えば毛が育ちやすい環境になりますし、抜け毛の原因を取り除くことも可能。

サプリメントは髪の毛に不足した栄養素を補ってくれる働きがあります。普段の食事ではなかなか摂取することのできないノコギリヤシや亜鉛など、不足しがちな栄養素を補うことができます。

シャンプーもサプリメントもうまく選ぶことで若ハゲを改善するためのサポートをしてくれます。

とはいえ、若ハゲが気になったらまずは「育毛剤」か「薬」を使うことが何よりも先決。安いからと言ってシャンプーだけ、サプリだけで対策するのは意味ないです。

若ハゲを改善する方法1:育毛剤を使う

若ハゲの改善方法で最も手軽に取り組めるのが、育毛剤を使う方法です。

一昔前の育毛剤は、いかにも怪しい商品が多かったため、「水を薄めたようなもの」「使っても意味がない」といわれていました。

しかし最近では、育毛成分の研究も進んでおり、各メーカーが実際に人に塗布して効果を測定する臨床実験を行ったうえで販売するなど、その効果も明らかになってきています。

実際、医薬部外品の育毛剤には、「抜け毛の予防・発毛促進・薄毛」に効く効果が厚生労働省から認められているので、使うことで若ハゲ改善の助けとなることは間違いありません。

育毛剤を使うメリット

コストパフォーマンスが良い

育毛剤は1本価格で販売されているので、比較的金額は定額です。おおよそ1本5000円から8000円の金額で販売されていますし、定期コースを申し込むとなれば、おおよそ1本3000円から5000円ほどの値段で購入することができるので、毎日使い続けやすいです。

副作用の心配がない

育毛剤は薬ではないので副作用の心配はありません。石油系界面活性剤や防腐剤、着色料など頭皮に負担を与えてしまうような成分が無添加の育毛剤もあるので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使い始めることができます。

髪の毛に付属した栄養素を補い、強く丈夫な髪の毛に育てあげることができる

髪の毛に栄養が不足してしまうことが原因で、1本1本が細くなり抜け落ちてしまうのです。育毛剤を使用することで髪の毛に不足してしまった栄養素を補うことができ、太く丈夫な髪の毛に成長させることができるのです。

頭皮環境を整えてくれる効果がある

育毛剤には血行促進作用や乾燥を防いでくれる成分が配合されているので、頭皮環境を整えることができます。

育毛剤の欠点・デメリット

毎日続けないと効果が出ない

毎日続けなければ育毛剤は効果を発揮してくれません。使い続けたとしても途中で使用するのをやめてしまえば再び薄毛や抜け毛の症状が出てきてしまうので、毎日使い続けることが重要です。

効果を実感するまでには3ヶ月から6ヶ月の長い時間がかかる

1ヵ月や2ヶ月程度では効果を実感することができません。最低でも3ヶ月から6ヶ月は続けるようにしましょう。

薄毛の症状がひどく進行してしまった場合は効果を発揮することができない

育毛剤は新たに髪の毛を作りだしてくれる効果はありません。あくまでももともとある髪の毛の成長を促し、1本1本を太く丈夫に成長させてくれるものです。薄毛の症状がかなり進行してしまった場合は育毛剤では改善することはできません。

育毛剤を使うと良い人

こんな方におすすめ

  • 若ハゲが気になり始めた方
  • 病院で治療するのをためらっている方
  • 初めて薄毛ケアに挑戦してみようという方

若ハゲが気になり始めた初期や、病院での治療に抵抗があるなら、まずは育毛剤を使った改善法から始めると良いです。

何もしないで放置していると進行してしまう一方なので、早めに対策を始めましょう。

若ハゲ対策におすすめの育毛剤3選

ハゲが気になる10代20代が初めに使っておきたいのが育毛剤です。今回は若ハゲにおすすめの育毛剤、効果的な育毛剤の使い方についてまとめました。 年代に応じて頭皮環境は変化するので、10代20代の若い世代 ...

若ハゲを改善する方法2:病院で薬を処方してもらう

若ハゲを改善するもう一つの方法が、病院で薬を処方してもらって治療を進めていく方法です。

育毛剤とは違い、医師による診察を受けた上で薬を処方してもらうため手間がかかりますが、発毛や脱毛進行抑制などの強い効果が期待できます。

実際、ハゲがかなり進行している状態の人でも、フサフサレベルまで復活したケースもあるので、効果を重視して選ぶなら薬の方が期待できます。

ただし、薬なので副作用のリスクがありますし、当然効果には個人差があることは理解しておきましょう。

薬を使って治療するメリット

髪の毛を新たに生やすことができる

発毛効果が認められたミノキシジルが配合されている場合が多いので、新たに髪の毛を生やす環境を整えることができ、髪の毛の量を増やすことができます。根本的に薄毛を解消することができますよ。

育毛剤よりも効果を実感しやすい

育毛剤を使用しても効果が出なかったという経験はありませんか?薬での治療の方が、厚生労働省が認めたミノキシジルなどの成分が配合されているので、効果を実感しやすいです。

飲むだけだから続けやすい

薬を飲むだけなので毎日続けやすいです。面倒な手間がかかることもないので、楽ちんですね。

症状に合わせた薬を処方してもらえる

専門医に相談することで自分の症状に合わせた薬を処方してもらうことができます。ライフスタイルのアドバイスもしてくれますし、薄毛の悩みを相談することもできますよ。

薬を使うデメリット

病院に行く手間がかかる

薬を処方してもらうためには病院に行かなければなりません。薬がなくなったらまた病院に行かなくてはいけないので、その手間が面倒くさく感じてしまいます

値段が高い

保険が効かないことがほとんどなので、1回1回の費用がとても高いです。金銭面的に継続しやすいという面では育毛剤の方が良いです。

副作用の危険性がある

頭皮のかゆみやかぶれなどの皮膚疾患から、肝機能低下や呼吸困難など内臓に影響を及ぼしてしまう思い症状のものまで幅広い副作用があります。しかし、実際に発症するのは数%程度なので、そこまで不安に思う必要はありません。副作用が出た場合はすぐに薬を飲むのをやめて、医師に相談しましょう。

病院で治療を受けると良い人

こんな方におすすめ

  • 薄毛の症状が進行してしまった方
  • 育毛剤では効果を感じられなかった方

若ハゲが既にかなり進行してしまい、髪の毛がない部分がある場合は、病院での治療を受けないと満足できる効果を得られません。

また、そこまで進行していなくても医師の元でしっかりと治療を受けるなら病院を受診するようにしましょう。

若ハゲを治す病院の選び方!AGAクリニックについて

何をしても薄毛を改善することができず、病院で治療を受けることを検討している方も少なくありません。 そこで今回は、若ハゲにおすすめの病院をご紹介します。失敗しない病院の選び方や、どのような治療法があるか ...

若ハゲを改善するのにどちらを選ぶかはあなた次第

育毛剤を使う方法も、病院で治療を受ける方法もどちらも薄毛には効果があります。ただし、育毛剤には発毛効果はありませんので、薄毛の症状が進行して髪の毛の量が少ない方や、髪の毛がなくなってツルツルになってしまった方には育毛剤を使用しても意味がありません。病院で薬を処方してもらえば薄毛に対して強い効果を発揮してくれますが、副作用の恐れがあったり、金銭面的にもリスクがあります。育毛剤を使用する方法、病院で薬を処方してもらう方法、どちらを選ぶかはそれぞれの良し悪しを判断してあなたが決める必要があります。自分の薄毛の症状はどこまで来てしまったのかなどをしっかり確認して、どちらにするかを決めましょう。

若ハゲの改善ケース1:抜け毛初期の人

抜け毛の量が増えてきた段階であれば、比較的改善しやすいです。病院で治療しなくても、自宅で改善することができますよ。

【おすすめアイテム】
・育毛剤

薄毛の症状が初期段階であれば育毛剤でも充分に効果を期待することができます。育毛剤には髪の毛の成長を促す働きがあるので、使い続けることで抜け毛の量が減っていきますよ。

若ハゲの改善ケース2:薄毛初期の人

薄毛初期でも改善は見込みやすく、育毛剤でも効果を期待することができます。

【おすすめアイテム1:自宅でとりあえず対策したい人】
・育毛剤
・シャンプー
・サプリメント

上記でもお伝えしましたが、初期段階であれば育毛剤を使用することをおすすめします。豊富な成分が頭皮にアプローチを与え、頭皮環境を良くして髪の毛を太く育て、見えていた地肌を目立たせなくすることができます。

ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどの高級系アルコール洗浄成分が配合されていないシャンプーがおすすめです。硫酸が配合されているシャンプーは洗浄力が高すぎて頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまう危険性があります。アミノ酸系シャンプーは頭皮に必要な皮脂を残したまま、汚れをしっかり落としてくれるのでおすすめですよ。頭皮をきれいにすることで育毛剤の浸透率を高めることができるので、シャンプーは良いものを選びましょう。

髪の毛に不足しがちな栄養素をサプリメントで補うことで、育毛剤と併用すれば内側からも外側からも薄毛ケアをすることができます。普段の食事では不足しやすい亜鉛や、食事では摂取することのできないノコギリヤシ、フィーバーヒューなどをサプリメントで補ってあげると良いでしょう。

【おすすめアイテム2:治療費が高額・服用のリスクを理解して治療したい人】
・病院での治療

費用が高額であること、副作用の危険性があることをしっかり理解している上で、本格的に薄毛を治療したいのであれば病院での治療をおすすめします。発毛効果のある薬を処方してもらえるので、髪の毛を新たに生やし、薄毛を根本的に治すことができますよ。

若ハゲの改善ケース3:薄毛中期以降の人

薄毛の症状が進行してしまっているので、髪の毛を成長させるのではなく、髪の毛を生えさせる環境を作らなければなりません。

【おすすめアイテム】
・病院での治療

専門医にしっかり相談して、どのように治療をしていくか決めていく必要があります。ここまで進行してしまうと育毛剤では改善することはできません。病院では薬治療だけではなく、頭皮に直接栄養素やミノキシジルなどを注入する方法や自分の元気な髪の毛を植毛する方法などがあります。薄毛の症状に合わせて、医師と話し合って治療していくことが大切です。

まとめ

薄毛の進行によって育毛剤を使った方が良いのか、薬治療を行った方が良いのか変わってきます。

育毛剤は髪の毛を成長させることは出来ますが、発毛効果やはありません。薬治療では新たに髪の毛を生やすことはできますが、費用面での負担や副作用のリスクがあります。

どちらが良くて悪いという話ではなく、あなたに合った対策方法を適切に選択することが大事です。自分の頭髪状況や金銭面、副作用のリスクの許容度などを考えながら、続けられる対策を始めましょう。

-若ハゲ対策

Copyright© 超スカルプケア術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.