若ハゲ対策

若ハゲが治らない時に取り組みたい事まとめ

投稿日:

薄毛対策をしているのになかなか効果が出ないと悩んでいる方も少なくありません。

今回は、しっかりと対策しているのに若ハゲが治らない場合に知っておきたい事と、効果的な対処法についてまとめました。

若ハゲが治らない時に知っておきたいこと

薄毛に効果が認められている有効成分が含まれているのは育毛剤と薬の2つだけです。それ以外のアイテム、例えばシャンプーやサプリメントなどを使った薄毛対策に取り組んでいても、薄毛を解消することができません。

つまり、若ハゲを対策するためには、「育毛剤」「薬」のどちらかを使っていないと意味がないというわけです。
現状、シャンプーや食生活の見直し、生活習慣の見直ししかやっていない場合は、まずは育毛剤か薬を使った対策を取り入れることが必要不可欠です。

若ハゲが治らない場合はより強い効果の対策法に変更する

薄毛に効果が期待できる順番としては、「ザガーロ(デュナステリド)」「プロペシア(フィナステリド)」「育毛剤」です。

この中のアイテムを使用してもなかなか効果を実感できなかったのであれば、現在使っているアイテムよりも1段階上のアイテムを使うことで、若ハゲを解消できる可能性が高まります。

たとえば、現在育毛剤を使って対策しているけど効かないという場合は、1段階上のプロペシアの服用を検討する。
プロペシアの服用でも効果がない場合は、ザガーロを検討するという感じです。

育毛剤の効果とデメリット

育毛剤は、今生えている髪の毛にアプローチしていくものです。AGAの影響で、細く短くなった毛を、太く逞しい以前のような毛に育てるのが目的。

そのため、育毛剤を使って効果が期待できるのは、「抜け毛予防として使う場合」「薄毛初期で細毛が気になる」という場合のみ。

明らかに薄毛が進行していて、地肌から毛が生えていない場合は、育毛剤を使っても効果がないので気を付けてください。

逆に言えば、まだ薄毛初期で毛が生えている場合は、育毛剤を使うことで十分効果が期待できます。実際、厚生労働省が「抜け毛の予防」「発毛促進」「薄毛」に効果があると認めている成分が含まれています。

ただし、育毛剤を使って効果が出るのは3か月~6か月程度必要になります。使ってすぐに効果が出るわけではないので気を付けてください。

プロペシア(フィナステリド)の効果とデメリット

プロペシアには脱毛ホルモンDHTの働きを抑制する効果があります。

抜け毛の量を減らし、薄毛の症状を改善することができます。しかし、プロペシアは抜け毛を減らすのが主な目的なので発毛効果はありません。

また、5αリダクターゼにはI型とⅡ型があるのですが、プロペシアはⅡ型しか抑制することができないのです。

5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の違いとは?

5αリダクターゼは型の違いによって、分布箇所が異なります。I型は側頭部や後頭部に多く存在しているのが特徴です。Ⅱ型は前頭部や頭頂部に多く存在し、AGAの症状はⅡ型の影響だと考えられています。

ザガーロ(デュタステリド)の効果とデメリット

ザガーロは5αリダクターゼI型にもⅡ型にも効果を発揮してくれるものです。テストステロンを脱毛ホルモンに変化するのを防ぎ、ヘアサイクルを正常に促してくれる効果のある薬です。

ザガーロはプロペシアよりも効果が強い反面、副作用のリスクも高いです。勃起不全や肝臓機能の低下、黄疸などの症状が見られる場合があります。

若ハゲが治らない原因

若ハゲに効果的な対策に取り組んでいたとしても、その取り組み方が間違っていると効果を実感できない恐れもあります。

具体的に、失敗しがちな若ハゲの改善方法について解説していきます。

対策に取り組んで1,2か月しかたっていない

ヘアサイクルが成長期に入ったときに髪の毛は成長するので、その関係上3ヶ月から6ヶ月は最低でも続けないと効果を期待することができません。
個人差はありますが、人によっては1年経ってやっと効果を実感している方もいます。

育毛剤や薬を使い始めても、すぐに効果が出るわけではないことは理解しておきましょう。もし、まだ使い始めて間もない場合、最低でも6か月程度は継続して続けることが必要です。

間違った方法で取り組んでいる

育毛剤も薬も間違った方法で使用していれば、本来得られるはずの効果が実感できなくなってしまいます。

また、育毛剤を多く使ったり、薬を多く飲むことで効果を高められるというものでもありません。どれだけ多く使用しても得られる効果に差は無いので、使用量はしっかり守るようにしましょう。

育毛剤の正しい利用方法

  1. 気になる部分にダイレクトに育毛剤を塗布します。
  2. 育毛剤の成分を頭皮に馴染ませるように揉み込みながら、1〜2分ほど放置します。
  3. より浸透率を高めるために指の腹や手のひらの下部分を使用して頭皮マッサージをします

頭皮に揉み込むように育毛剤を塗り込んだら最後はドライヤーで乾かしていきます。半乾きや生乾きなどドライヤーで乾かさなかったら頭皮のニオイやかゆみの原因になるので注意しましょう。

薬の正しい飲み方

プロペシアは食前や食後など決められた時間はありませんが、毎日自分で時間を設定して同じ時間に飲み続けるようにしましょう。

プロペシアが効果を発揮する時間は24時間と言われているので、効果を切らさないように24時間以内に飲む必要があるのです。

ザガーロも時間は決められていないので、自分の好きなタイミングで飲むことができます。これも同じく決まった時間に飲むことで効果を期待しやすくなりますよ。

まとめ

若ハゲは正しい方法で対策に取り組むことで、しっかりと効果を実感できる可能性が高いです。

ただし、間違った方法に取り組んでしまうと、どれだけ時間やお金を費やしても効果を実感できない恐れもあるので注意が必要です。

すでに対策に取り組んでいるのに効果が出ていない場合、今回紹介した「1段階効果の強い方法に切り替える」というのを試してみましょう。
プロペシアからザガーロに切り替える場合は、担当医に相談しながら進めていくことが大切です。

-若ハゲ対策

Copyright© 超スカルプケア術 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.